金閣寺、龍安寺、仁和寺。世界遺産をめぐる散歩路。
金閣寺、龍安寺、仁和寺。世界遺産をめぐる散歩路。

金閣寺・龍安寺・仁和寺、京都市北西部の三つの世界遺産を巡る観光道路「きぬかけの路」のオフィシャルウェブサイト。地域の観光名所やおすすめスポットはもちろん、ランチに立ち寄れるお食事処やカフェ、スイーツショップや和菓子屋さん、京都ならではの雑貨を買えるお土産物屋さんから、周辺の駐車場やコインパーキングまで、 「きぬかけの路」周辺の観光に役立つ情報をマップ形式でご案内するご当地観光ポータルサイトです。

世界遺産 金閣寺きんかくじ

アニメ一休さんの「将軍さま」こと、室町幕府3代将軍 足利義満が1398年に建てた金の舎利殿は室町時代を代表する建築の一つ。当時は京都御苑に匹敵する敷地があり、日本の政治機能が集約されていました。昭和25年に学僧による放火で全焼。この事件をモチーフとした三島由紀夫の長編小説「金閣寺」は彼の代表作であり、近代日本文学を代表する傑作の一つとなっている。修学旅行で過去に訪れたことがある人も多い金閣寺ですが、小説を読んで訪れるとまた違った見方ができて新鮮かもしれません。

詳細情報

名称金閣寺(きんかくじ)
住所京都市北区金閣寺町1
電話番号075-461-0013
拝観時間9:00~17:00
拝観日無休
拝観料大人(高校生以上): 400円 | 小・中学生: 300円
アクセス京都市営バス「金閣寺前」(12・59系統)または「金閣寺道」(急行101・急行102・204・205・M1系統)バス停下車
駐車場大型バス 30台分 1000円/1時間 | マイクロバス 500円/1時間 | 自家用車 300円/1時間 | 二輪 100円/1時間
公式サイトhttp://www.shokoku-ji.jp/flash/flash.html

臨済宗相国寺派の禅寺で正式には鹿苑寺という。

鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、「北山殿」と呼ばれる大規模な邸宅を造営したのが始まりとされる。邸宅とはいいながら御所に匹敵する大規模なもので、義満は応永元年(1394年)に征夷大将軍職を子の義持に譲っていたが、ここで政治の実権を握った。

義満の死後、遺言により「北山殿」は舎利殿(金閣)を残して解体され禅寺となった。禅寺の名前は義満の法名鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名付けられた。この唯一残された舎利殿(お釈迦さんのお骨を祀る建物)こそが、通称「金閣寺」に由来する建物で、鏡湖池のほとりに建つその姿はあまりに有名。

建物の内部は三層に分かれており、第一層は公家風の寝殿造り、第二層は鎌倉時代の書院造風、第三層は禅宗様仏堂風の造りので、異なる三つの様式を組み合わせた建築は、当時としても斬新だったという。なお、金箔は二層および三層に貼られている。

造営当時、舎利殿の周りにいくつか建物が作られ、舎利殿の北に作られた天鏡閣といわれる建物とは、双方の二階で橋がかけられ廊下で往来が出来たという。今では天鏡閣の建物は跡形も無く、そのあたりには「龍門の滝」とよばれる滝があり、龍門の滝を鯉がのぼり切ると龍になるという中国の故事「登龍門」にちなんでいる。

金閣は創建後、幾度も修理を行ってきたが、昭和25年の放火により全焼。この事件は三島由紀夫の小説『金閣寺』や水上勉の『金閣炎上』の題材となった。現在の舎利殿は事件から5年後の昭和30年に復元されたもの。

舎利殿の他にも、当時考えられていた日本列島の形を模したとされる池泉回遊式庭園は、国の特別史跡および特別名勝。鏡湖池に映る金閣の姿も見どころのひとつ。

また、境内の数寄屋造りの茶席は、ここから眺める夕陽を浴びた金閣が美しいことから「夕佳亭(せっかてい)」の名がつけられている。

平成6年(1994年)世界文化遺産に登録。

  • 世界遺産 金閣寺

  • 世界遺産 龍安寺

  • 世界遺産 仁和寺

  • 妙心寺

  • 等持院

  • 五智山蓮華寺

  • 堂本印象美術館

  • わら天神宮

  • 御室八十八ヶ所

きぬかけの路ブログ