金閣寺、龍安寺、仁和寺。世界遺産をめぐる散歩道。
金閣寺、龍安寺、仁和寺。世界遺産をめぐる散歩道。

京都市の北西に位置する「きぬかけの路」のご当地ゆるキャラ「きぬか怪(ケ)さん」別称:KINUKAKESAN は深い京都弁を話すドロかわ妖怪。金閣寺、龍安寺、仁和寺などきぬかけの路沿道の世界遺産に稀に出没する観光客の人気者です。本体は霊感のある人にしか見えないため、忠実に再現された着ぐるみに受肉して観光PR活動を行っていますが、決して中は覗かないで下さい。見かけたら「きぬかけさん!」と声をかけて下さいね。

きぬかけの路 ご当地キャラクター 
きぬか怪(ケ)さん
きぬかけの路 ご当地キャラクター きぬか怪(ケ)さん

平安時代より衣笠山に棲む物知り妖怪で、きぬかけの路周辺で稀に出没。見かけたときは「きぬかけさん」と呼びかけると近づいてくる。

生前から気分屋な面があり、気分が良い時は人生相談にのってくれたりもするが、虫の居所が悪い時はほとんど取り合ってくれない。

ただし女性には常に気さくで、さりげなくラインIDなどを聞いてくることもあるが、安易に教えるのは禁物。

また深い京都弁を使うことでも知られ「やにこい」「しょうもない」「年下のくせに」などが口癖。また突然「怪怪怪(ケケケ)」と笑って相手の話の腰を折ることも。

毎年2月の京都マラソンでは仁和寺二王門前や駐車場前で沿道応援に参加し、完走祈願飴とKINUKAKESANオリジナルステッカーを配布している。

衣笠山 名称秘話

金閣寺の借景であり、きぬかけの路の由来にもなっている衣笠山。その昔、宇多法皇が真夏に雪景色を見たいと山に白絹をかけ、雪山に見立てたという風流な故事からその名がつけられたと言い伝えられている。
しかし世間には知られていないもうひとつの説が……
古くは埋葬の地とされていた衣笠山山麓。白衣をかけて埋葬された亡骸が絹の笠のように見えたことが命名の由来という、少し不気味な言い伝えである。

きぬか怪(ケ)さん 誕生秘話

時は平安時代中期(894年)京の都で某貴族の御曹司として産声を上げる。青年となった後は享楽の貴族生活を満喫するも、女性関係のトラブルが原因で早世。一説では相手女性が依頼した陰陽師の仕業であるとか。
亡骸は衣笠山山麓に埋葬されたが、生への執着があまりに強烈だったため程なく妖怪として復活。
しかし前世の所業については堅く口を閉ざしており、伺い知ることはできない。近年になり着ぐるみへの受肉に成功し、ご当地ゆるキャラ「きぬか怪(ケ)さん」として第二の人生を歩んでいる。御歳 1122歳。

きぬか怪(ケ)さん 実体化秘話

妖怪として復活した「きぬか怪(ケ)さん」であったが、これまでその姿は一部の霊感のある者にしか見ることができなかった。 しかし彼自身は埋葬地である「きぬかけの路」のご当地ゆるキャラとして第二の人生を歩む事を強く望んでおり、その意を酌んだ「きぬかけの路推進協議会」が霊能者の詳細なスケッチのもと「きぬか怪(ケ)さん」の着ぐるみ製作に着手。そして2014年秋、試行錯誤を重ね遂に彼が受肉可能な着ぐるみの開発に成功した。今多くの人々がその姿を見ることができるのは、彼の純粋な一念と多くの人々の努力の賜物であるといえよう。

  

2015年、ゆるキャラシーンに彗星の如く現れた「きぬか怪(ケ)さん」。
1年半の沈黙を破り、商業主義にまみれたご当地ソングに一石を投じる!ジャパニーズパンクへのオマージュとも言うべきStraight Aheadな疾走感にのせて、ピュアな郷土愛をディープな京都弁で歌い上げた超問題作。


2017年


2016年


2015年